201611-cgwcc2016-olm-snap03

2016年12月12日

【スナックワールド】スナックワールドのアニメは何を見せるかを重要視している!?どうすれば面白くなるかこだわって作っている!!

201611-cgwcc2016-olm-snap03

スナックワールドのアニメーション

 

スナックワールドのアニメでは何を見せるか

 

重要視しているようです。

 

フェイシャルにおけるアニメーターの慣れの差もあるので

 

そこも配慮し、顔にコントローラーを多く用意し自由に動かせますが

 

それぞれの個性で変わってきてしまうので基準値を用意するために

 

パラメーター化し、それを動かすことによって

 

基本的に似たベースの顔を作ることができるようにしているようです。

 

ベースコントローラーを動かすことで

 

細かい調整も可能で、2Dっぽく表現するために

 

目や口をカメラの位置へずらしたりもできる工夫をしているようですね。

 

201611-cgwcc2016-olm-snap03

 

フルコマのボディも基本的に森泉氏は誇張表現の時には

 

コマを抜いていおり

 

慌ててバタバタ手を振っている動作はフルコマより

 

少々抜いたほうが面白く、コメディー作品なので

 

より面白く見えるような表現を優先しており、

 

アニメーターによりリアルにやろうとするとリアクションに細かい

 

動きを付けてしまうのでどこまで削るかどこまで止めるかといった

 

調整もポイントにしているとのことです。

 

キャラクターが1体のときと、複数のときで印象が変わるようで

 

止めすぎたカットの場合他のキャラクターを入れると意外と

 

気にならなくなるといったことや

 

視聴者にどこの動きを注目させるか考え

 

何を見せるカットなのかを重要視し作っているそうです。

 

テレビシリーズのスナックワールドでは

 

MayaとNUKEで制作し

 

パイプラインの管理はTACTICで行っているようです。

 

 

スナックワールド攻略ちゃんねるの関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)